東鉄工は売り一巡で押し目買い、耐震補強工事が好調

 東鉄工業<1835.T>が4日ぶり反発。ここ株価は調整色の強い展開だったが、時価は同社株が急動意した直前の9月6日の水準まで下押しており、売り一巡感から押し目買いが観測される。JR東向けの売上高比率が8割を占める鉄道系建設会社だが、JR東では首都直下型地震に対応した大規模な耐震補強工事をスタートさせており、中期的な同社の事業規模拡大が見込まれている。また、官公庁向けでも防災関連工事の受注が高水準、業績は2ケタ利益成長路線が続きそうだ。

東鉄工の株価は10時15分現在1973円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)