<後場の注目銘柄>=永大産業、新製品期待、PBRも超割安

 永大産業<7822.T>の水準訂正妙味が浮き彫りとなっている。

 同社は住宅用床材をはじめ内装材や水回りなど住設機器を手掛ける。消費増税前の駆け込み需要に加え、景況感の回復を背景に、13年4~9月期の連結経常利益は前年同期比3倍の18億8500万円と好調。会社側は通期の経常利益を前期比横ばいの23億7000万円と見込んでいるが、進捗率を考慮すれば大幅な増額修正が濃厚だ。

 ベトナムの床材新工場がフル稼働し、蓄熱フローリングシステムなどの新製品効果が業績に反映される見通し。8月から立ち上げているアスベスト処理事業にも今後の期待が大きい。PBR0.6倍前後の割安感は大きな武器となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)