東電が反発、10年間で経常利益合計1.4兆円と報じられる

 東京電力<9501.T>が反発、きょう付の日本経済新聞で、同社が26日に13年度から10年間の経常利益の合計が約1.4兆円になるとの試算を取引金融機関に示したと報じられたことを材料視。記事によると、柏崎刈羽原子力発電所の再稼働が当初想定より遅れているが、コスト削減などで埋め合わせて、今の総合特別事業計画(再建計画)の利益水準を維持するとしている。これに対して会社側では「当社が公表したものではなく、柏崎刈羽原子力発電所の再稼働時期も含めて現時点で決定した事実はない」とコメントしている。

東電の株価は13時7分現在547円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)