三井住友トラストが高い、三菱UFJMS証は「アウトパフォーム」に引き上げ

 三井住友トラスト・ホールディングス<8309.T>が高い。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は26日、同社の株価判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に引き上げた。目標株価は470円から570円としている。
 同証券では、三井住友トラストは「追加緩和による資産価格上昇のメリットが最も大きい銘柄のひとつ」と指摘。不動産関連収益の粗利益に占める割合が7%と銀行グループのなかでは大きく、不動産市況活性化により傘下の三井住友信託銀行の不動産関連収益は2015年度までに年率51%で増加すると予想している。また、投信・保険関連収益も同社の富裕層顧客に対する強みが発揮され高い伸びを見込んでいる。

三井住友トラストの株価は13時18分現在499円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)