フォスター電が頑強、高値ボックス抜けの兆し

 フォスター電機<6794.T>が頑強な動き。9月26日に2120円で年初来高値をつけてからは高値ボックス圏での往来を続けていたが、売り物をこなしながら株価は煮詰まりをみせている。スピーカーやヘッドフォンの専業メーカーだが、スマートフォン向けヘッドセットや車載向けスピーカーが好調で、最近の円高修正の動きも追い風となっている。今後は北米の自動車生産回復を底流にピックアップトラックなどの大型車向けに伸びが見込まれている。コスト上昇要因として懸念されていたレアアース価格の高騰も、ここにきて価格が落ち着きをみせており、収益デメリットは限定的とみられている。

フォスター電の株価は13時19分現在2039円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)