トヨタは小動き、小型HVアクアを改良しリッター37キロと世界トップの低燃費を実現も反応薄

 トヨタ自動車<7203.T>は小動き。26日に小型ハイブリッド車(HV)「アクア」を一部改良し、1リットル当たりの走行距離を37.0キロメートルと世界トップの低燃費を実現したと発表したが特に反応はない。全般小甘く推移するなか小口の売りに押されている。改良車はエンジンのフリクションを低減するとともに、モーターやインバーターなどの制御を改良、ハイブリッドシステムの効率を一段と高めた。また、サスペンションにチューニングを施すなど乗り心地を向上させたほか、遮音材の追加などにより静粛性を高めている。改良車は12月2日から発売する。

トヨタ自の株価は14時46分現在6330円(▼20円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)