日アビオが急反発、防衛関連の一角として再注目

 日本アビオニクス<6946.T>が大幅高。中国国防省が23日、沖縄県・尖閣諸島を含む東シナ海に防空識別圏を設定したことに伴い、この日は米軍のB-52爆撃機が飛行したと伝わっており、状況の緊迫化が防衛関連への買いにつながっている。同社は防衛省の指揮・統制システムや監視システムなどを手掛けており、関連銘柄の一角としてこの日も物色人気を集めているようだ。

日アビオの株価は14時51分現在178円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)