ラクーンが10月中間期決算を発表、EC、売掛債権保証事業ともに拡大

 ラクーン<3031.T>がこの日の取引終了後、第2四半期累計(5~10月)連結決算を発表しており、売上高49億1900万円(前年同期比4.1%増)、経常利益9300万円(同31.5%増)となった。主力で衣料・雑貨のEコマース「スパーデリバリー」の利便性向上を図ったことが奏功し商品売上高が増加したほか、売掛債権保証事業で保証残高の拡大が寄与し売上高、利益とも膨らんだ。
 なお、14年4月期通期業績予想は売上高103億~106億円(前期比5.2%~8.3%増)、経常利益2億1000万~2億2000万円(同19.3%~25.0%増)の従来予想を据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)