住友化は日本オキシランを完全子会社化し製造、販売を終了

 住友化学<4005.T>は27日、ライオンデルセンティニアルとの合弁会社の日本オキシランを完全子会社化、同社の製造・販売業務を終了すると発表した。石油科学業界の国際競争激化に対応した事業構造改革の一環で、エチレン製造設備の停止に合わせて、日本オキシランのスチレンモノマー、プロピレンオキサイド、プロピレングリコールの製造、販売を15年5月をメドに終了する。ただ、プロピレンオキサイドはコスト競争力のある住友化学の千葉工場単産法プラントで製造を継続、引き続き販売する。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)