ヤマハ発が3日ぶり反発、ドイツ証が目標株価を引き上げ

 ヤマハ発動機<7272.T>が反発。この日は、ドイツ証券が投資判断「ホールド」を継続し、目標株価を1600円から1800円に引き上げたことが観測されている。同証券によると、同社はこのところ新興国、具体的にはインドネシアに連動する株式とみられてきたが、先進国市場からの利益貢献のバランスが改善すると予想。二輪車事業の損失が縮小し、四輪バギー市場が復活していることから、これらがマリン事業とともに今後2年間の収益の柱となると位置づけている。

ヤマハ発の株価は10時13分現在1589円(△11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)