ソフトバンクが小幅反発、EV管理システムをアジアで本格的に販売と報じられる

 ソフトバンク<9984.T>が小幅反発。28日の日本経済新聞が「電気自動車(EV)の電力の利用状況などを管理するシステムをアジアで本格的に販売する」と報じたことが材料視されている。EVの充電スタンドなどに専用の装置を組み込み、充電量に応じて柔軟に課金できる。EVの普及が見込めるブルネイやフィリピンの現地企業と組み受注活動を始めたと伝えている。裁定買いが株価を押し上げたようで、大幅高で寄り付いたが、買い一巡後は上げ幅を縮めている。

ソフトバンクの株価は10時22分現在8340円(△30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)