東京精が反発、R&Iが発行体格付けを1段階格上げ

 東京精密<7729.T>が反発。27日に格付投資情報センター(R&I)が同社の発行体格付けを「BBB」から「BBB+」に引き上げたと発表。これを好感する買いが入っている。売り上げ規模こそピーク時に比べて小さくなっているが、収益力・キャッシュフロー創出力の安定性が高まっていることや、それに伴って財務基盤の強化も進んできたことを評価。収益2本柱のうち半導体製造装置は需要変動が大きいが、主力の検査装置プローバが世界トップクラスの地位を維持し、収益基盤が比較的堅固であることや、産業用計測機器は自動車用途の競争力に優れ、世界各地に拠点を設置して海外の需要増を取り込むことで収益を伸ばしている点などが、評価の対象になったようだ。

東精密の株価は11時19分現在2125円(△15円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)