富士通はしっかり、佐賀県・福岡市とオープンデータ実証事業を開始

 富士通<6702.T>はしっかり。27日に佐賀県と福岡市と協働で、オープンデータ実証事業を開始すると発表した。富士通は総務省から「情報流通連携基盤の社会資本情報における実証」を受託。12月9日に民間事業者や住民向けサービスの提供を開始する予定で、今回の実証事業では道路や橋梁、トンネルなどの社会資本についての公共データを開放し、新たな価値を加えて民間に提供することで得られる効果と実用性を検証する。佐賀県とは民間向けの公共事業についてのマーケティング情報と社会資本の図面情報、福岡市とは通学路総点検結果などを提供していく。28日の日本経済新聞は佐賀県、福岡市との実証事業の規模は7500万円だが、今回の実証でノウハウを蓄積し、今後3年間で10県、40億円の受注をめざすと伝えている。

富士通の株価は12時59分現在467円(▼1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)