<後場の注目銘柄>=エムティーアイ、スマホ有料会員数が増加

 エムティーアイ<9438.T>は再度2000円台での活躍を目指した動きが期待できよう。

 同社は携帯電話向けにコンテンツを配信する有力コンテンツプロバイダー。ここ数年、フィーチャーフォンの有料会員数の減少が業績の足かせとなってきたが、足もとではこれに一巡感がみられるようになってきた一方、スマートフォンの有料会員数が増加。13年9月期末のスマホ有料会員数は804万人で6月末から約10万人増加。スマホ有料会員比率は59%と5割を超え、12年9月期末の39%から上昇した。

 14年9月期からは新たに他社コンテンツの販売が寄与し、中期での業績拡大局面入りが期待できる。株価もこれを織り込む動きとなろう。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)