ドル円は堅調な地合い維持へ・・・・

押し目がなかなか無い状況・・・・
 昨日、ドル円はほぼ3ヶ月ぶりに102円台へと上昇しました。今日が米国の感謝祭の祝日で、明日も事実上の休日となると見られている事から、市場では、この処の上昇相場に対して、利益確定の流れが強まるとの期待があったのですが、昨日のドル円の相場付きを見ると、殆ど、その様な動きが見られませんでした。

 一方、今日は、ドル円を追いかけて来た様に、日経平均株価が年初来高値で取引を終了していますが、逆にドル円相場の方は、やや手詰まりの状況となっていて、上値を追う展開も止まってしまっています。

 その一方、下値を試す動きもそれ程強まらず、102円の大台を割り込む局面はほんの一瞬で終わっており、下値の堅さも依然として意識されています。そうなると、このまま、動意薄の展開が続くのかもしれませんが、欧州株の動向等が、ユーロを押し上げれば、ユーロ円主導で、ドル円が一段高となる可能性は否定できません。