メディネットは改正薬事法成立に対応して細胞医療製品の子会社を設立

 メディネット<2370.T>は28日取引終了後に新規事業の「細胞医療製品事業」に本格的に取り組む子会社を設立すると発表した。20日に再生・細胞医療についての改正薬事法が成立したことに対応して、細胞医療製品化に向けた開発を加速していく。12月に新会社を設立、メディネットの免疫細胞治療の研究成果をもとに細胞医療製品の承認取得と開発、製造、販売を行う。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)