目標達成感で上昇一服

29日の株式相場見通し
29日の東京株式市場は、日経平均株価がきのうの終値ベースで約半年ぶりに年初来高値を更新した後だけに、目先的な目標達成感に週末要因も加わり、上昇一服となりそうだ。
28日の米株式市場は、感謝祭の祝日のため休場だった。外国為替市場では、1ドル102円30銭台での推移となっている。

市場関係者からは「短期急騰に対する高値警戒感が強まっていることは確か。
今後は28日終値から200円程度上にある、1万5942円(5月23日に付けた取引時間中の高値)を早めに突破できるかが焦点になる」としている。
日程面では、10月の鉱工業生産速報値、10月の家計調査、10月の労働力調査・有効求人倍率、10月の全国消費者物価指数、10月の自動車生産台数、10月の住宅着工件数、ソーシャルメディアマーケティング支援事業を手掛けるアライドアーキテクツ<6081>の東証マザーズ市場への新規上場に注目。
海外では、ユーロ圏10月の失業率、米ブラックフライデーが焦点に。