利食い売りにも注意=外為どっとコム総研 ジェルベズ久美子

利食い売りにも注意
本日も昨日に続き、米国は感謝祭休暇の最中にあり、市場参加者は少なめだ。
手掛かり材料となりそうな経済イベントもなく、基本的には手控えムードが拡がると考えられるものの、次のターゲットとして考えられる5月29日の高値102.520円を窺う展開は続くと考えられる。

薄い相場の中でまとまったドル買い・円売り注文が入れば一気にこの高値を捉える可能性があるため、要注意だ。
なお、週末・月末ということもあり、高値圏での伸び悩みが強ければ、利食い売りなどが出ることもあり得るため、そうしたムードの転調にも気をつけておきたい。