アルフレッサHDは小幅反落、篠原化学薬品と診断薬卸売事業で提携も反応薄

 アルフレッサホールディングス<2784.T>は小幅反落。28日取引終了後に研究試薬、理化学機器や臨床診断薬卸売の篠原化学薬品と業務提携すると発表したが反応は鈍い。5400円近辺はこのところの上値のフシになっており、小口の売りに押されている。篠原化学薬品とは診断薬卸売事業について営業・物流・情報システム・カスタマーサポートなどで連携する方針で、具体的な提携内容と業務の推進方法は今後協議していく。

アルフレッサHDの株価は11時30分現在5330円(▼70円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)