<後場の注目銘柄>=OKI、プリンターの戦略商品投入

 OKI<6703.T>が騰勢を強めてきた。今3月期は期初計画を大きく上回り連結営業利益は前期比78.1%増の240億円と大幅増益を見込む。期末配当は3円と8期ぶりの復配を実施する。中国を中心にATMや防災行政無線、消防デジタル無線など主力の通信システムが伸び、業績拡大に弾みがついてきた。

 しかも、第3四半期以降の為替レートは1ドル=95円、1ユーロ=125円が前提で、一段の業績上振れが有望視されている。

 さらに、中国の税控システム市場向けに小型・低価格ドットインパクトプリンターの戦略商品を投入、プリンター事業立て直しの切り札として期待されており、低位好業績株人気に乗り一段高に進みそうだ。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)