<チャートの視点>=アドバネクス、5・25日線のGCが視野に

 アドバネクス<5998.T>は、5日移動平均線(28日:120円)と25日移動平均線(同:121円)のゴールデン・クロス(GC)が視野に入ってきた。株価は10月30日に直近高値136円をつけたあと調整局面入りとなったが、11月14日の安値113円で底入れ。28日には株価が25日移動平均線を上回り、潮目が変化する可能性が出てきている。
 売上高比率で50%以上を占める精密ばね事業が好調で、第2四半期では自動車向けやOA機器向けの売上高が増加。また、売上比率40%超を占めるプラスチック事業もマレーシアでAV機器向けなどが伸び、堅調さを維持した。会社側では2014年3月期通期の連結売上高を263億円(前期比11.7%増)、最終利益を3億円(同37.2%減)と見込んでいるが、前提となる想定為替レートは1ドル=95円。円安・ドル高が一段と進行していることや、日米景気が回復傾向にあることを考えれば、下期も期待できそうだ。

アドバネクスの株価は14時15分現在121円(▼2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)