エナリスがプラスに浮上、北海電と需給逼迫時の電力需要抑制に関する委託契約締結発表で

 エナリス<6079.T>は前場は冴えない展開となっていたが、後場に入り前日比プラスに浮上。一時、前日比127円(7.2%)高の1897円をつける場面があった。午後に入り、北海道電力<9509.T>と電力需給逼迫時などにおける電力需要抑制に関する委託契約を締結したと発表。これを好感する買いが入っている。同契約は、冬場などに電力が逼迫した時に大口需要家を対象に抑制を呼びかけ、その実績に応じ需要家に報酬を還元するというもの。関西電に続く契約で今後、同様の契約獲得への期待が高まっているようだ。

エナリスの株価は14時25分現在1826円(△56円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)