<動意株・29日>(大引け)=日産東HD、だいこう、高周波など

 日産東京販売ホールディングス<8291.T>=大幅高。同社が6日に発表した業績の大幅増額修正で、14年3月期最終利益は従来予想の31億円から45億円(前期比10.3%増)に大幅に上積みされたが、これは中核事業である傘下の日産販売会社3社の売り上げが新車・中古車ともに会社側の想定を大きく上回ったことによるもの。持ち前の材料性に加え、高業績変化率、わずか7倍台という低PERの3拍子揃った銘柄で個人を中心とした短期資金を集めている。

 だいこう証券ビジネス<8692.T>=5日続伸で年初来高値更新。少額投資非課税制度(NISA)の口座開設代行の需要拡大が買い手掛かり。今3月期は期初予想を上回り、連結営業利益20億円(前期比80.7%増)と大幅増益を見込むなど、足もとの好業績も買い気を誘っている。

 日本高周波鋼業<5476.T>=商い急増で堅調。同社は、高級特殊鋼を手掛けるが、14年3月期業績は合理化努力で損益率改善に努め、営業、経常、最終損益いずれも黒字化する見通し。自動車向け特殊鋼は苦戦していたものの、ここ世界的な自動車販売拡大で風向きの変化が出ている。PBRは1倍を割り込んでおり、株価は100円トビ台という値ごろ感から目先の値幅取りを狙った短期資金が流入したかたちだ。

 ミクシィ<2121.T>=ストップ高。ネイティブゲームの「モンスターストライク」のヒットへの期待感をきっかけに短期資金が流入し、需給主導の展開となっているが、この日はマザーズ市場にソーシャルメディアのマーケティング支援を主な事業とするアライドアーキテクツ<6081.T>が新規上場し、カイ気配値を順調に切り上げていることも支援材料となっているようだ。

 ニチゾウテック<4654.T>=ストップ高。日立造船<7004.T>は28日の取引終了後、同社を株式交換により完全子会社化すると発表した。2014年4月1日にニチゾウテックの株式1株に対して、日立造船の株式0.82株を割り当てる。この日は、株式交換比率にサヤ寄せする動きとなっている。日立造の28日終値(800円)に対する妥当株価は656円となる。ニチゾウテックは14年3月27日に上場廃止となる。

 メディネット<2370.T>=反発。28日に新規事業の「細胞医療製品事業」に本格的に取り組む子会社を設立すると発表したことを受け、買いが優勢。20日に再生・細胞医療についての改正薬事法が成立したことに対応して、細胞医療製品化に向けた開発を加速、業容を拡大していく。12月に新会社を設立、メディネットの免疫細胞治療の研究成果をもとに細胞医療製品の承認取得と開発、製造、販売を行う方針で、法改正へのいち早い対応が好感された。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)