トップカルチャーが13年10月期下方修正、最終1億1500万円に

 トップカルチャー<7640.T>は29日、13年10月期連結業績予想の修正を発表した。売上高は従来予想の383億円から347億8100万円(前期比5%増)に、営業利益は12億7000万円から4億8200万円(同32.8%減)に、最終利益は6億6000万円から1億1500万円(同6.4%増)に減額した。主軸の蔦屋書店事業は、2店舗の出店と1店舗の増床が売上高に寄与したが、販売用CD・DVDが苦戦し既存店売上高が想定に届かなかったほか、出店および増床に伴う販売費や一般管理費が前年比増加し、利益を押し下げている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)