アゼアスが10月中間期業績予想を下方修正、原発向け防護服伸び悩む

 アゼアス<3161.T>がこの日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(5~10月)連結業績について、従来予想の売上高44億8900万円、経常利益6600万円を下回り、売上高41億3600万円(前年同期比5.1%減)、経常利益5000万円(前年同期500万円の赤字)になりそうだとの下方修正を発表した。防護服・環境資機材事業で原子力発電所向け販売が伸び悩んだことに加えて、一般産業向け需要も本格的な景気回復には至らず、売上高が想定を下回ったことなどが要因という。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)