アミタHDが13年12月期に特別利益、最終利益1億3300万円に

 廃棄物リサイクルを手掛けるアミタホールディングス<2195.T>が29日、13年12月期通期の連結業績予想の修正を発表した。売上高は従来予想の46億5300万円から46億5000万円(前期比5.4%増)とほぼ変化はないが、経常利益を1億4600万円から1億2200万円(同62.7%増)に減額した一方、最終利益は1億1300万円から1億3300万円(同7.4倍)に増額している。営業外費用の発生で経常利益は想定を下回っているが、最終利益については福島第一原子力発電所の事故に起因した損害に伴う賠償金が東京電力から入り、これを特別利益に計上したことから増額となった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)