【買い】みずほフィナンシャルグループ (8411)好調な相場環境を受け 12月は絶好調か? = フェアトレード 田村 祐一

例年12月銀行株は絶好調!!
2013年12月26日11時55分追記

26日の前場引け時点で、株価は217円となっています。12月初旬は11月の株価上昇に対する利益確定売りに押されて軟調に推移しましたが、直近株価は再度上昇に転じています。12月第1営業日の寄り付き価格215円を上回る水準まで回復しています。12月の営業日は本日を含め3営業日ですが、残り少ない日数で更なる株価上昇を期待したいです。

■注目銘柄
みずほフィナンシャルグループ (8411)

■注目理由
同行は、言わずと知れたメガバンクの一角です。

銀行株は例年12月に株価上昇する傾向が強く、本年も株価上昇する可能性が高いと判断しました。

11月は、為替が円安に進行したことや、世界の株式市場が好調に推移したことを受けて、日本株全体が大きく株価上昇しました。同社株価も、全体の株価上昇とつれ高となりました。当面為替は円安傾向が続くことが期待できると考え、景気敏感株である同社株価は、上昇基調を継続する可能性が高いと言えるでしょう。

また、過去の株価データでみても、12月買い勝率は80%となっており、12月は上がりやすい傾向が確認できます。これは、銀行株が10月、11月は軟調に推移する傾向があり、12月は買戻しが入りやすい地合いがあることが要因でしょう。また、12月後半は、新年のご祝儀相場に向けて、個人投資家の買いが入やすい傾向があります。

12月は同社の株価上昇に期待したいと考えます。

過去の検証結果は以下の通りです。
--------------------------------------
勝率:80%
平均損益(率):7.18%
平均利益(率):10.46%
平均損失(率):-2.37%
--------------------------------------