【買い】野村ホールディングス<8604>営業部門が好調=フェアトレード 平山 修司

更なる業績拡大に期待
■注目銘柄
8604 野村ホールディングス

■注目理由■
野村證券、野村アセットマネジメント、野村信託銀行、野村インベスター・リレーションズなどを傘下に持つ持株会社。10月29日に発表した第2四半期決算では収益合計933,650百万円(前年同期比3.6%増)、純利益104,007百万円となったことを発表した。9月には一時、株価が800円を超える場面もあったが、10月31日の終値では723円まで下落している。第2四半期は株式や投資信託の販売が好調に推移したことで営業部門の収益が拡大し、利益が大きく増加。株式市場も堅調に推移しているため、第3四半期以降の業績も期待している。同社の12月の傾向をシュミレーションしたところ、上昇する傾向が見られたため、強気のスタンスとした。

過去のシュミレーション結果は以下の通りです。
------------------------------
勝率: 55.00 %
勝ち数: 11 回
負け数: 9 回
引き分け数: 0 回
------------------------------