「外から内需」存在感・・・訪日客が買うブランド品はここで

日経新聞半歩先読み:「外から内需」存在感・・・関連銘柄をご紹介
訪日外国人旅行者が、年間1,000万人の大台達成が視野に入ったとの記事です。銀座三越では、売上高の10%以上が外国人旅行者によるものだそうです。今回は、意外な関連銘柄を2社ご紹介しましょう。

中古のブランド品販売
(2780) コメ兵 (東証2部) 1,453 -2 [売買単位:100株]

名古屋・大須に本店を構え、銀座・新宿にも大型店舗を持つリユースデパート。特に高額商材のブランド物のバッグや衣類・宝飾品・時計に強みを持っています。

業績絶好調で最高益更新・増配予定。特に訪日旅行者による売上が前年比2倍以上の急増で、全体の10%以上に増加しているそうです。

また、トヨタの冬のボーナス大幅増で、名古屋で高額消費が盛り上がれば、「お値打ちモノ」の大好きな愛知県民に大人気の同社に大きなフォローの風となりそうです。

(2222) 寿スピリッツ (東証2部) 1,428 -4 [売買単位:100株]

土産物のお菓子の大手企業。鳥取県米子市に本社があり、地域限定菓子製造会社を統括する持株会社。北海道の定番お土産スイーツとして人気の「ルタオ」で知られる株式会社ケイシイシイも、同社の傘下です。

今年2013年4月に東証2部の市場替えを行っています。好業績を評価して高値圏にありますが、同社と似たような競合企業はなく、今後も安定的に高成長が期待出来そうです。

1面の訪日客の消費税免税も、土産物お菓子大手の同社に大きなフォローの風。

相場の福が授かりますように!!

※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。