ドル円、ポジション調整の中堅調推移。

マーケットコンディション
先週末のドル円は、102.30円で始まると、東京時間仲値には102.61円の高値を付けるも上抜けはなく、102円前半で推移する。NY時間に入るとサンクスギビング翌日という事で、株・債券・コモディティ市場が短縮取引のためか積極的に仕掛けることもなく、102円前半で推移し、102.42円でクローズをむかえた。
ドル円、ポジション調整の中堅調推移。
サンクスギビングを挟んで、相場も一服といったところであるが、102円を確りと固めてきた感じがある。
週足ベースでチャートを見ると10月末から連続で5週陽線となる綺麗な足となっている。通常12月は、クリスマス前の前半で大きな動きがなくなるが、トレンドが発生している年は、年末ギリギリまで動くことも珍しくない。
本日、12月を迎え、本日の終値は注目である。103円突破が今週達成されると、その流れのまま、月内105円も見えてくる。

☆戦略
買い継続

ポイントレベル

103.73(5/22の高値)
103.00
-------------------------------------------------------
102.00
101.14(11/25の安値)
99.94(11/22の安値)
99.57(11/19の安値)
99.09(11/12の安値)
97.62(11/7の安値)

注)本日の予想は11月29日9:30に寄稿したものです。
また、上記レートは弊社外貨exの提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。