ACCESSが急落、第3四半期決算営業利益34%減益を嫌気

 ACCESS<4813.T>が急落。前週末11月29日の取引終了後に発表した第3四半期累計(2~10月)連結決算で、売上高77億1200万円(前年同期比3.1%減)、営業利益5億2900万円(同33.7%減)、純利益3億6400万円(同81.4%減)と大幅減益となったことを嫌気。チャット/VoIP(IP電話)が大手キャリアの一般ユーザー向けサービスに採用されたほか、ベトナム最大の3Gモバイルキャリアと協業し、スマートフォン向けサービス参入などの効果はあったが、海外ソフトウエア事業やネットワークソフト事業で一部案件の売り上げ後ろ倒しがあったことなどが響き大幅減益を余儀なくされたとしている。
 なお、14年1月期通期業績予想は、売上高118億円(前期比0.7%増)、営業利益10億円(同29.8%減)、純利益9億円(同65.4%減)の従来予想を据え置いている。

ACCESSの株価は9時56分現在694円(▼45円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)