三井海洋が3日続伸、経産省がメタンハイドレートを日本海海底で確認と発表

 三井海洋開発<6269.T>が3日続伸。29日に経済産業省がメタンハイドレートを日本海の海底で確認したと発表したことを受け、買い気が強まった。上越沖と能登西方沖で表層型メタンハイドレートの存在の可能性がある構造(ガスチムニー構造)が、調査海域で225カ所存在し、多くは直径約200~500メートル、大きなもので約900メートルの大規模構造であることを確認。うち一つのガスチムニー構造について内部構造が露出しているカ所があり、ガスチムニー構造の内部に表層型メタンハイドレートが広く存在していることが今回の調査で初めて明らかになったとしている。同社は浮体式海洋石油・ガス生産設備の世界的メーカーで、メタンハイドレート関連では本命視されている

三井海洋の株価は10時11分現在3065円(△60円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)