鉱研工業が反発、メタンハイドレート関連で人気が波及

 鉱研工業<6297.T>が反発。11月29日に経済産業省がメタンハイドレートを日本海の海底で確認したと発表したことから、関連銘柄が物色されるなかで、地下資源工事用掘削機械で高い技術力を誇る同社へも人気が波及している。同社は大口径岩盤掘さく工法を含めて国内外で豊富な実績を有することから、メタンハイドレートの開発が具体化すれば、恩恵享受が期待される。

鉱研工業の株価は11時7分現在647円(△36円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)