海洋掘削などメタンハイドレート関連が高い、経産省が上越沖で埋蔵確認と発表

 日本海洋掘削<1606.T>や三井海洋開発<6269.T>などメタンハイドレート関連の一角が高い。経済産業省が11月29日、メタンハイドレートを日本海の上越沖の海底で発見したと発表したことを材料視する買いが入っている。同省によると、上越沖と能登西方沖で、メタンハイドレートの埋蔵の可能性がある地形を225カ所発見したという。これを受けて、海洋掘専業の海洋掘削や浮体式原油生産貯蔵設備の建造を行う三井海洋などには事業機会拡大期待が高まっているようだ。

海洋掘削の株価は11時13分現在6610円(△130円)
三井海洋の株価は11時13分現在3060円(△55円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)