コマツなど建設機械株は軟調、中国PMI改善にも反応限定的

 コマツ<6301.T>や日立建機<6305.T>など建設機械株は軟調。この日、HSBCが発表した11月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)確報値は50.8と速報値(50.4)から0.4ポイント上方修正された。また、中国国家統計局が1日に発表した11月製造業購買担当者景気指数は前月比横ばいの51.4だったが市場予想(51.1)を上回った。中国PMIは全体的に底堅い内容だったが、依然、鉄鉱石価格には下落観測が強く鉱山関連需要に不透明感があることが建設機械株の逆風となっている。また、中国が東シナ海に防空識別圏(ADIZ)を設けたことも中国リスクの拡大要因として手掛けにくさを増す要因とみられている。

コマツの株価は13時2分現在2105円(▼24円)
日立建の株価は13時2分現在2163円(▼29円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)