<後場の注目銘柄>=黒田電、液晶向け部材の拡大続く

 黒田電気<7517.T>は、液晶、自動車、情報通信向けを主力とする電子部品メーカー。14年3月期第2四半期(4~9月)業績の上方修正を発表。売上高1100億円を1354億円(前年同期比60%増)へ、営業利益は33億円を41億円(同51%増)へ増額した。

 スマートフォンや大画面液晶テレビ向け部材の好調に加え、アジアでの家電向け射出成型部品や自動車向けプレス部品なども寄与している。通期営業利益見通しは72億円で据え置いたものの、中間期の進捗率は57%に達しており、上方修正の可能性は濃厚だ。

 株価は、10月7日の安値1256円で底打ちして以降、上昇軌道を堅持、PERも10倍台と依然割安水準にある。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)