富士製薬が高い、造影剤と急性期医療分野での事業価値向上のため新組織設置

 富士製薬<4554.T>が高い。きょう昼休み時間中に非イオン性造影剤「オプチレイ」の販売移管に伴い新組織を設置したと発表した。オプチレイの販売移管は、造影剤市場でのプレゼンスと注射剤を中心とした急性期医療分野における事業価値向上を図ることが狙い。1日に「画像診断薬グループ」を新設し、オプチレイの製造販売元マリンクロットジャパンから15人を迎え入れ、ノウハウ、情報、取組などを引き継ぐとともに、情報提供と販売力を強化していく。

富士製薬の株価は13時33分現在1764円(△13円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)