バイオ関連が全面高、信用余力改善で個人投資家の買い人気再燃

 ナノキャリア<4571.T>、DNAチップ研究所<2397.T>、カイオム・バイオサイエンス<4583.T>、タカラバイオ<4974.T>、メディネット<2370.T>、セルシード<7776.T>などバイオ関連株が軒並み上昇している。ここ新興市場への個人投資家の物色意欲が増幅される傾向にあり、短期資金流入が加速した。「個人の信用評価損率は前週末(29日)時点でマイナス4.19%とかなり改善傾向が強く投資余力の拡大がみられる。そのなか人気で先駆するネット関連と並んで、売り一巡感の出たバイオ株へのリバウンド狙いの買いが顕在化している」(国内ネット証券大手)という。

ナノキャリアの株価は13時55分現在23万1200円(△2400円)
タカラバイオの株価は13時55分現在2175円(△31円)
セルシードの株価は13時55分現在万1998円(△52円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)