師走相場始まり、16000円水準へ挑戦

今週は、年初来高値に向かって足元を固める動きも
 先週の予測では、5月23日の15942円の絶対期日を経過することで上値は軽くなるとし、円安が続けば「円売り・日経225先物買い」の仕組み商いが活発化し、5月22日の終値ベースでの年初来高値15627円を試す動きになるとしました。又、円安が一服すれば上値を追えず、日経平均も一服になるともしました。
25日(月)は、1ドル=101円台後半の円安を受けて先物主導で大幅高となり△237の15619円となりました。26日(火)は円安一服で▼105の15515円、27日(水)も▼65の15449円と続落しました。しかし28日(木)は、前日のアメリカ市場で良好な経済指標が相次ぎアメリカの景気回復期待から株式とドルが買われ為替は1ドル=102円台の円安となったことで「円売り・日経225先物買い」が再び活発化し△277の15727円となって、5月22日の終値ベースの年初来高値を突破し、柴田罫線では追加の買法則出現となりました。このろく買は、高値圏では売転換になる場合もあるので、11月27日の安値15414円を切ると注意としました。週末の29日(金)は、前日大幅上昇の反動ややや円高へ振れたことで一時200円を超える下げとなりましたが、11月27日の終値15449円を切らずに下げ幅を縮小し▼65の15661円で引けました。
 今週の予測は、アメリカのクリスマス商戦が好調であれば、株高・ドル高となって日経平均も上値を試すものと思われます。但し、週末に米雇用統計を控えており、高値圏でのもみあいも想定されるところです。円安相場の先高感は強く、103円を試す動きとなれば「円売り・日経225先物買い」となって先物主導で上値を試すことになります。
 週明け12月2日(月)は、円安一服と高値警戒感から主力大型株中心に利益確定売りで15600円を割れる場面もありましたが、押し幅は小さく押し目買いが入って▼6の15655円で引けました。