土屋HDが13年10月期業績見込みを上方修正、受注状況改善に販管費削減が寄与

 土屋ホールディングス<1840.T>がこの日の取引終了後、集計中の13年10月期の連結業績について、従来予想の266億4100万円、経常利益6億1600万円を上回り、売上高271億5200万円(前期比5.5%増)、経常利益8億900万円(同10.2%増)になりそうだとの上方修正を発表した。新設住宅着工戸数の増加傾向や消費税増税前の駆け込み需要などを背景に受注状況が改善したことに加えて、販管費の圧縮などが寄与したという。また同時に、13年10月の期末一括配当を従来予想の4円から5円に引き上げるとした。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)