大日住薬はヘリオスと再生・細胞医薬事業で提携

 大日本住友製薬<4506.T>は2日、ヘリオス(旧・日本網膜研究所)と眼疾患を対象としたiPS細胞由来網膜色素上皮細胞(RPE細胞)を用いた共同開発契約を締結したと発表した。加齢黄斑変性などの眼疾患を適応症とする。両社はiPS細胞由来RPE細胞を細胞医薬品として国内で早期使用を可能にするため、臨床試験着手および製造販売承認の取得を目指す。大日本製薬が最大52億円の開発費用を提供し、RPE細胞医薬品の開発を共同で行い、ヘリオスが製造販売承認の取得および販売を行う。
 また、将来的に共同開発により製品化されるRPE細胞医薬品に対して、その製造や販売促進を共同で行うため2014年2月をメドに合弁会社を設立することも明らかにした。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)