ドル円はついに今年最高値へ!!

個人投資家予想レンジ(ドル円)
102.42円(前日終値)~102.91円(ピボットハイブレイク)
現在のレートは102.90円です。(22:56)
個人投資家の高値予想は、102円後半から103円50銭へと強気の予想になっています。
102円以下は0%で、上手くこの上昇トレンドに乗れているようです。
<今夜の経済指標>
00時00分発表
「米・ISM製造業景況指数」注目度★★★★
前回:56.4 予想:55.1 
前回10分間の変動幅 +25pips 
個人投資家の予想は
78%が買い(円安)
22%が売り(円高)という結果になっています。

00時00分発表
「米・建設支出(9,10月)」注目度★★★
8月:0.6% 予想:0.4%(10月) 前回10分間の変動幅 0pips 
個人投資家の予想は
79%が買い(円安)
21%が売り(円高)という結果になっています。
建設支出は9月、10月分の結果が同時に発表となりますが、注目はISM製造業景況指数です。
先行指標である、
「ミシガン大学消費者信頼感指数」が予想73.1⇒結果75.1
「シカゴ購買部協会景気指数」が予想60.0⇒結果63.0
となりともに良い結果が出ていますので、かなり期待ができます。
値動きの期待できる指標ですから、好結果が出ると103円突破の可能性も十分ありますし、月曜日から上昇しているため、買えていない投資家も多いようですから、落ちたところは良い買い場となるのではないでしょうか。
<今夜はどうなる!>ドル買い優勢 ドル円は103円台へ!
ドル円は102円がサポートラインとなり、やや上値の重かった102円半ばを欧州時間にあっさり突破。
トレンドラインは102円まで入ってきていますので、ラインを割ってきたときの動きに注目しておきたいところです。

金曜日にこれまで先物を買っていた金融機関が利益確定に動いたという噂が飛び交っていましたから、この資金がドル円に入ってくるかもしれません。
先物の利益確定はあくまで噂ですが、ある程度大きな売りが出ても落ちないほど強い相場ですので、ここは素直に乗っておきたいところです。

103円を前にやや落ち着いてきましたが、上昇のペースは変わらず、2日あれば新高値を更新してゆく展開。
このペースが続く限り、103円そして、今年最高値を追っていっても良いような気がします。
「押し目待ちに押し目なし」の相場で、昨年同様に順調な上昇です。
明日の朝の景色がどうなっているのか、楽しみですね!