車用電池、走行距離3倍・・・日経1面好材料・裏銘柄

日経新聞半歩先読み
日経1面に積水化学が、電気自動車(EV)などに搭載されるリチウム・イオン電池の新材料を開発、コストは6割削減、走行距離は3倍と夢のような材料です。本当に実用化されるのであれば、水素で走る燃料電池車に押され気味の電気自動車が逆転できそうな材料です。

しかし、日経1面にコレだけわかりやすい社名入り記事だと、寄り付きで好材料が消化され、寄り付き天井の可能性がありそうです。

積水化学のWEBを確認すると、今朝の記事と直接的に関係するかはわかりませんが、10月1日に「高エネルギー密度の次世代リチウムイオン電池を開発」をプレスリリースしています。今朝の記事では、積水化学だけしか記載されていませんが、このプレスは、日本電気、田中化学研究所との共同プレスリリースでした。掲載されていない2銘柄が面白そうですが、企業規模の小さい田中化学研究所により注目が集まるかもしれませんね。

(4204) 積水化学工業 (東証1部) 1,208 +8 [売買単位:1,000株]

(4080) 田中化学研究所 (東証JQスタンダード) 511 +4 [売買単位:100株]
10月1日から3日連続ストップ高していましたね。 

相場の福が授かりますように!!

※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。