◆2日の米株式市場の概況 NYダウ続落、週末の小売売上高低調と伝わる

 2日の米株式市場はNYダウが続落し、前週末比77.64ドル安の1万6008.77ドル、ナスダック総合指数は同14.63ポイント安の4045.26と7日ぶり反落で取引を終了した。全米小売業協会が1日発表した11月28日から12月1日の小売売上高が前年同期比で減少となり、2006年以降で初めて前年比で減少したと伝わったことを受けて年末商戦への懸念が台頭。また、引き続きNYダウが史上最高値圏にあることもあって利益確定売りから指数は下落した。ただ、11月の米ISM製造業景況指数が57.3と市場予想に反して前月から上昇したことで、NYダウは一時、プラスに転じる場面もあった。なお、出来高概算はニューヨーク市場が6億6495万株、ナスダック市場が16億4979万株。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)