enishは小安い、上場市場変更が東証1部に決定も需給悪化懸念が重し

 enish<3667.T>が小安い。2日の取引終了後、東京証券取引所から承認を得て、12月13日から東証1部市場に指定されることになったと発表したが反応は限定的。22日に市場変更の承認を得た時には、1部あるいは2部のどちらかとなっていたが、2日に1部指定の承認を得たとしている。また、同時に行われる公募・売り出しに関して、発行・売出価格が2653円に決定したとあわせて発表した。手取概算額合計上限12億3562万5000円についてはネイティブアプリケーションの開発費と広告宣伝費、それにカスタマーサポート事業のための外注費に充てるほか、アプリケーション開発・運営のための人材採用費や、人員増員に伴う本社移転費用の一部などに充てられる方針だが、これによる需給悪化懸念も株価の重しとなっているようだ。

enishの株価は9時26分現在2705円(▼31円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)