伊藤園が反発、第2四半期累計と10月月次の好調を評価

 伊藤園<2593.T>が反発。同社は2日、10月の月次販売状況を発表。リーフ事業の売上高は前年同月比8.9%増、ドリンク事業は同3.9%増となっている。ドリンク事業の内訳ではコーヒー飲料が同17.5%増と大きく伸びており、日本茶・健康茶飲料も同8.9%増と好調。
 同時に第2四半期累計(5~10月)の決算も発表している。主力製品の「お~いお茶 緑茶」と「お~いお茶 濃い味」が好調に推移しており、「ティーバッグ製品」のラインアップ拡充策なども寄与し、連結売上高2389億8400万円(前年同期比10.4%増)、営業利益144億6100万円(同5.6%増)と増収増益を達成している。通期予想の売上高4400億円(前期比8.9%増)、営業利益230億円(同13.6%増)へ向けて業績が順調に推移していることが評価されている。

伊藤園の株価は10時12分現在2205円(△22円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)