パイオニアが活況裏に続伸、踏み上げ相場の片鱗

 パイオニア<6773.T>が商いを伴い続伸。信用取組は売り買いともに厚く、取組妙味を背景とした上値追いが期待されている。東証信用残は11月22日申し込み現在で売り残1779万7000株、買い残2697万8000株で信用倍率は1.52倍。前週比で売り残はやや減少しているものの依然として踏み上げ相場への素地を内包している。北米をはじめとする世界的な自動車販売拡大を背景にカーナビなどの車載機器のOEMが伸び、14年3月期は営業66%増益の100億円見込みと業績底入れが鮮明。また、今月下旬には、スマートフォンやタブレット端末に収録した曲を音源として利用できるDJ用マルチプレーヤー「CDJ-900NXS」を発売することが話題に。国内外で年間1万8000台を販売する計画と伝えられており、業績への貢献が見込まれる。

パイオニアの株価は10時31分現在227円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)