日立金が反発、三菱UFJMSが目標株価を引き上げ

 日立金属<5486.T>が反発。この日は三菱UFJモルガン・スタンレー証券が2日付で投資判断「アウトパフォーム」を継続し、目標株価を1500円から1700円に引き上げたことが観測されている。上期決算を受けて14年3月期の営業利益予想を540億円から570億円へ、15年3月期を同670億円から730億円へ引き上げたことが要因。電線素材事業の想定以上のリストラ効果を織り込んだとしており、会社側では今後も手を緩めるつもりはないことから、14年度以降もリストラとシナジー効果を上積みしたという。また同証券で、旧日立金属のマグネットを軸とした成長ストーリーに加え、旧日立電線のリストラおよびシナジー効果が足もとの株価には十分に織り込まれていないと指摘している。

日立金の株価は10時50分現在1450円(△42円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)