<話題の焦点>=「47RONIN」6日公開、関連銘柄に注目でござる!

 年末の映画シーンで注目を集めているのが、12月6日公開の「47RONIN」。マトリックスで名を馳せたキアヌ・リーブス主演のハリウッド大作だ。題名からも想像がつく通り「忠臣蔵」をモチーフにしたもの。14日の“吉良邸討ち入り”に間に合わせ世界最速の公開となる。

 「忠臣蔵」は約300年前、播州赤穂(現在の兵庫県辺り)浅野家の浪士四十七名が、主君の仇である吉良上野介の首を討ち取った事件。いまの若者に「忠臣蔵」といってもピンとこないだろうが、キアヌ・リーブスが主演となれば話は変わる。そのモチーフとなった忠臣蔵に脚光が当たりそうだ。

 まず注目は、「47RONIN」の配給元である東宝東和を完全子会社化したばかりの東宝<9602.T>。大ヒットが予想されるだけに期待が高まる。

 さらに、歌舞伎にも注目。歌舞伎座<9661.T>では、今月1~25日まで「十二月大歌舞伎・仮名手本忠臣蔵」が演じられる。興行を打つのは歌舞伎座を擁する松竹<9601.T>。元々が人気のある演目だけに、急激に来場者数が増加するということにならないだろうが、映画をきっかけに若い世代と世界各国の人々が歌舞伎に興味を持つことが予想され、中長期でその波及効果は大きいとみたい。

 12月はまさに忠臣蔵の季節、おのおの方、関連銘柄に注目でござ~る。

◆47RONIN関連銘柄

 銘 柄<コード>     内 容

JR西日本<9021.T>   山陽新幹線を柱に。四十七士のふるさと赤穂市の播州赤穂駅は、JR西日本・赤穂線の駅
JR東海<9022.T>    東海道新幹線が柱。東京から赤穂市のある関西方面をつなぐ
松竹<9601.T>      映像事業、演劇事業、不動産・その他事業の3つを主体とする、総合エンターテインメント企業。グループに歌舞伎座、興業を受け持つ
東宝<9602.T>      映画興行が主。子会社の東宝東和が「47RONIN」を配給
歌舞伎座<9661.T>    歌舞伎座を所有、ビル賃貸が柱

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)