<チャートの視点>=山一電機、5・25日線のGCが目前に迫る

 山一電機<6941.T>は5日移動平均線(2日時点:240円)と25日移動平均線(同:241円)のゴールデン・クロス(GC)が目前に迫っている。9月25日に年初来高値280円をつけたあとは調整局面入り。通期業績の上方修正を受けて上値を試す場面もみられたが戻りは限定的で、概ね200円台半ばでの推移が続いている。ただ、株価がきのう25日線を上抜けたことで、潮目が変わる可能性が浮上。PER10倍近辺、PBR0.4倍台と割安感もあり、株価の動きに注目したいところだ。
 なお、同社は11月8日に通期連結業績見通しの上方修正を発表。売上高を従来予想の213億8000万円から214億円(前期比7.2%増)に、経常利益を3億2000万円から7億1000万円(前期実績8億1000万円の赤字)に、最終利益を2億5000万円から5億3000万円(同31億3900万円の赤字)にそれぞれ増額している。

山一電機の株価は12時40分現在243円(▼1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)